資金調達.com 資料請求はこちら お問い合せ

個別守秘相談のご案内
アドバイザリー契約



会社案内
プライバシーポリシー
個別相談・お問合せ



『倒産危機からの復活!「企業再生レポート」』(ID:0000222066)
読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。


登録フォーム
解除フォーム

まぐまぐ

『まぐまぐ!』から発行しています。


『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!
企業再生レポート 辰岡泰文ブログ

Home ->  サービスのご紹介  ->   理想と現実のギャップを埋める方法は?

理想と現実のギャップを埋める方法は?


理想と現実のギャップを埋める方法は?

夢をかたちにする
経営者は、自分の会社をよくしたい、理想の会社にしたいと常に思っています。
しかし現実とのギャップがあり、どうしたらよいのか悩んでいます。

経営者の理想と現実のギャップを埋めるには、事業計画書を策定するのが早道です。


しかし、事業計画書の作り方がわからない、難しそう、面倒くさいなどの理由で中小企業では
ほとんど策定していないのが現実です。


夢をかたちにして実現するためには事業計画書がどうしても必要になります。
事業計画書の策定の手順のポイントは、

1. 夢 必ず経営者には漠然としながらも会社に対して想い(夢)があります。
2. ビジョン 具体的にその想い(夢)のイメージを文章にします。
例えば
・会社の規模(売上、社屋・店舗、従業員数等)
・利益水準
・社会貢献(地域社会貢献、顧客満足度、従業員の福利厚生等)
3. 計画 ビジョンを具体化する計画を立てます。
まずビジョン(理想の会社)を数字に置き換えて目標を決めます。
そして、その目標に向かって計画を立てます。
計画は5W1Hを意識(いつ・誰が・どこで・何を・どれだけ・どのように)することで、
それらを具体的にモレなくダブリなく立てることが可能となります。

難しく考えなくても、上記の手順を踏めば計画は立てられます。
大切なことは、自社の現状を冷静に分析しそれに基づいて実現可能な計画にすることです。

本当に難しいのは、計画を実行し、目標を達成するための行動を継続する事です。



事業計画策定のメリット
「事業計画」を作成する事により、金融検査マニュアルでは、以下に記載するすべての要件を充たしている場合には、債務者区分をただちに「破綻懸念先」にするのではなく、ワンランク上の「要注意先」と判断しても差し支えないものとしています。


経営改善計画等の計画期間が原則として5年以内であり、かつ、計画の実現可能性が高いこと。
 (業種等の実態に応じて判断する)
 ただし、経営改善計画等の計画期間が5年を超え、10年以内となっている場合で、
 経営改善計画の策定後、経営改善計画の進捗状況が概ね計画通り(売上高等および
 当期利益が事業計画に比して80%以上確保されていること)であり、
 今後も概ね計画通りに推移すると認められる場合を含みます。

計画期間終了後の債務者の債務者区分が正常先となる計画であること。
 ただし、計画終了後、債務者が銀行の支援を要請せず、自助努力により事業の継続性を確保
 することが可能な状態となる場合は、「要注意先」と判断して差し支えありません。

すべての取引銀行において、経営改善計画等に基づく支援を行うことについて、
 正式な内部手続を得て合意されていることが文書その他により確認できること。
 ただし、銀行が単独で支援を行うことが可能な場合又は複数の銀行が支援を行なうことが可能な
 場合は、銀行が経営改善計画等に基づく支援を行うことについて、正式な内部手続を得て
 合意されていることが文書その他により確認できることが必要です。

金融機関等の支援の内容が、金利減免、融資残高維持等にとどまり、債権放棄、
 現金贈与などの債務者に対する資金提供を伴うものではないこと。
 ただし、経営改善計画等の開始後、既に債権放棄、現金贈与などの資金提供を行い、
 今後はこれを行わないことが確実と認められる場合を除きます。


以上が破綻懸念先のランクアップ要件ですが、破綻懸念先の債務者区分を要注意先とするためには、「事業計画書」は必要不可欠です。


また、最近は融資条件(貸出条件)の緩和(いわゆるリスケ)を行っても、実現可能性の高い抜本的な事業計画があれば、債務者区分を下げなくてもよい措置が拡充しました。


つまり実現可能性の高い抜本的な経営改善計画(事業計画書)があれば、銀行に返済期間の延長や金利減免申請(リスケ)をしても金融機関はより柔軟にリスケに応じてもらえる環境が整いました。

また再建計画の達成期間については、3年から5年に変更になり計画も立てやすくなり、 再建計画が順調に進んでいる場合は、10年でも認めることが可能になりました。

しかも債務者区分を下げなくてもよいので、リスケを行っていても場合によっては、事業計画の進捗状況等次第で、追加融資の可能性が出てきました。


会社を潰さない経営とは? 理想と現実のギャップを埋める方法は? 債務超過・赤字決算・リスケジュール中でも融資を受けるには? 新規融資を受けるには? 経営改革を継続するには?




Home ->  サービスのご紹介  ->   理想と現実のギャップを埋める方法は?


資料請求はこちら お問い合わせ