資金調達.com 資料請求はこちら お問い合せ

個別守秘相談のご案内
アドバイザリー契約



会社案内
プライバシーポリシー
個別相談・お問合せ



『倒産危機からの復活!「企業再生レポート」』(ID:0000222066)
読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。


登録フォーム
解除フォーム

まぐまぐ

『まぐまぐ!』から発行しています。


『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!
企業再生レポート 辰岡泰文ブログ

Home ->  銀行融資を受けられる極意  ->   銀行員はこんな資料に弱い!

銀行員はこんな資料に弱い!


リスケジュール交渉等で、銀行員に口で一生懸命説明しても、なかなか理解が得れないものです。
必ず、銀行員の理解につながる資料を提出しましょう。

決算書等はもちろんのこと、なぜ資金が必要なのか、返済猶予でどのように資金繰りが楽になるのか、などを資金繰り表を使い説明しましょう。

また、銀行に会社の将来の姿をイメージさせる資料として、『今、リスケに応じてもらえれば、必ずや将来このように復活します』ということを、事業計画書を使い説明しましょう。



Home ->  銀行融資を受けられる極意  ->   銀行員はこんな資料に弱い!


資料請求はこちら お問い合わせ